s_C7Uq4N1U0AAvqSU

19: バン速 2017/10/14(土) 14:29:41.85 ID:OibSfSDX0
紗夜さんの童貞ちんぽを可愛がるりんりんのSS下さい



26: バン速 2017/10/14(土) 14:31:46.02 ID:ej1QZSopp
>>19
燐子「氷川さんのおちんちん……かわいい……」

紗夜「ちょっ、白金さん……っ!?」

燐子「氷川さんは、おちんちんを誰かに触られるのは初めてですか……?」

紗夜「と、当然でしょう!? そんなはしたないことを……っ!」

燐子「そうなんですね……。でも……」

紗夜「ひあっ!///」ビクッ

燐子「自分で触ることは、よくあるんじゃないですか……?」サワ...サワ...

紗夜「な……っ、なんで?」

燐子「だって氷川さんのおちんちん……」

紗夜「や、白金さ……っ、頬ずりしちゃダメ、あ、ぁぁ……///」ヒクッ ヒクッ

燐子「なんだか、えっちな匂いしますよ……?」スンスン

氷川「く、ぅう……///」カァア///

燐子「オナニー、よくするんですか……?」

氷川「白金さん、もう、お願いだからやめてぇ……」

燐子「ふふっ、やめていいんですか……?」

氷川「だって、こんなのもう……///」

燐子「でも、氷川さんのおちんちん、さっきより硬くなってますよ……?」ツンツン

氷川「ん……っ、く///」

燐子「おちんちんに頬ずりされて、せーしの匂い嗅がれて……。そんなことで氷川さんは、えっちな気持ちになっちゃったんですよね……?」

燐子「ふふっ、変態さんですね……♡」

29: バン速 2017/10/14(土) 14:32:58.35 ID:mwtNIX/M0
>>26
おお… 手が勝手に

33: バン速 2017/10/14(土) 14:34:44.46 ID:OibSfSDX0
>>26
ありがとうありがとう 成仏しそう

116: バン速 2017/10/14(土) 15:27:55.85 ID:MxUqJ+Zc0
>>26
やるじゃない

21: バン速 2017/10/14(土) 14:30:15.77 ID:ej1QZSopp
生やすなら千聖さんに生やせ
もしくはイヴ

千聖さんは自分ではかなりエッチが上手いと思ってて自信満々に花音を攻めるんだけど
もちろん花音はそんな千聖さんを( お○ぱいに夢中になってる千聖ちゃん可愛い……♡ )って思ってて
いざ本番になるとちさかのの攻守が逆転して「ちょ、花音……?」「えへへっ/// 今度は私が動いてあげるね千聖ちゃん♡」って騎乗位で搾り取り始めたと仮定して
自分ではエッチが上手いと勘違いしてた千聖さんが無様に3擦り半で膣内に精液ぴゅっぴゅしちゃったときの屈辱に耐える泣き顔を上から眺める花音の恍惚とした表情思い浮かべてみ?

千聖「ちゅ…….んむ、ちゅぷ…」

花音「んっ……ふぇ///」

花音( お○ぱいに夢中になってる千聖ちゃん、かわいい……♡ )

千聖「どう? 花音、気持ちいい?」

花音「うん千聖ちゃん♡ 気持ちいいよ♡」

千聖「じゃあそろそろ、挿入れるわね……」

ポロンッ♡

千聖「私のは大きいから、ちょっと苦しいかもしれないけれど……」

花音「うわぁ……、ちっちゃくてかわいい♡( ううん、大丈夫だよ千聖ちゃん )」

千聖「最初はゆっくり動くから、全部私にまかせてね……花音」

花音「うん……♡」

千聖「じゃあ……」ヌル"ッ

ヌププ... ヌリュ...

千聖「ぁあ/// ん……かの、ん……♡」

ビュッッッ!!

花音「わぁ……♡」

ビュルルッ ピュッ ピュッ♡

千聖「ぁ、ぁ……ぁぁあ……♡」ガクガクガク

ビュッ トロォ...

花音( 挿入した瞬間に出ちゃったんだ……♡ )

千聖「…………」

花音「ぁ……千聖ちゃん……」

千聖「~~~~~っっ///」カァア///

千聖「ご、ごめんなさい花音……。私、実は初めてで……っ」グスッ

千聖「ふぇぇぇ~~~ん」グスッ ポロポロ

花音「…………っ♡」ゾクゾクゾク♡